家庭での感染予防

家庭での感染予防

今、家庭内での感染が感染拡大の一つの原因です。
家庭内の感染対策として必要なことは(移らない・移さないことが大切です)


・毎日の体調管理や健康状態を確認しましょう。(体温や咳、下痢などの症状)
・調理前や掃除前に手洗い、手指消毒をしマスクと手袋を調理後、掃除後に手洗い後に手指消毒をしましょう。
・家庭で調理する者に症状があるときは、食品を直接取扱う作業をしないようにしましょう。
・洗剤等で十分に洗浄し、熱湯で加熱する方法

・食器や箸などを80℃の熱水に10分間さらします。やけどに注意が必要です。
また、材質の耐熱性を確認しましょう。
または、これと同等の効果を有する方法で消毒しましょう。
・感染者が使用した食器や嘔吐物がついた衣服とタオルなどは、他のものと分けて洗浄・消毒しましょう。
カーテン、衣類等も塩素消毒液等で消毒しましょう。
・使い捨てのマスクや手袋等を必ず着用しましょう。
・拭き取った嘔吐物や手袋等は、ビニール袋にしっかり密閉して
廃棄しましょう。

 

テーブル、ドアノブなどは


①アルコール消毒液
・濃度70%以上95%以下のエタノールを用いてふき取ります。
・70%以上のエタノールが手に入らない場合は60%台のエタノールを使用しても差し支えありません。
また、アルコールは引火性があります、空間噴霧や火気付近では使わないでください。

②次亜塩素酸ナトリウム消毒液(塩素系漂白剤)
・市販されている家庭用の塩素系漂白剤を使用します。
・次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように薄めて拭きます。その後、水拭きしましょう。
また、目に入ったり、皮膚に着かないように注意しましょう。
注意点として、酸性のものと混ざると塩素ガスが出て危険です。

 

空気中のウイルス対策としては、部屋を換気することが必要です。
換気のポイントを参考に、1時間に2回以上、数分間程度定期的に換気を行います。


【効果的な換気方法】
●ドアと窓など、2か所を開放する⇒対角線上にあるドアや窓を開放すると効果的です。

GettyImages-12547269125%.jpg

 

●窓が1つしかない場合は、ドアを開けて扇風機などを窓の外に向けて設置する。

GettyImages-12547269475%.jpg

【心と身体の相談】は、心身の癒と健康を主に掲載してます💛
コロナウイルスに負けないために皆さんの心身の健康を願っています。
心身の健康の回復・維持・向上に知っておいてほしいことを投稿をしております。
是非、ご活用してくださいね!(^^)!

次回は、ワクチン接種について掲載予定です。

 

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP