マスクの裏表や注意点をしりましょうΣ(・ω・ノ)ノ!

マスクの裏表や注意点をしりましょうΣ(・ω・ノ)ノ!

マスクのオモテ、ウラを確認する
※①ポイント:ヒダの向きに注目しましょう。

結構な割合で表と裏を知らずに逆につけている方が多いです。

※①ポイント:上の画像を参考にしましょう。

・外側をヒダの部分は下向きになるように顔を装着します
ヒダが上向きだと、埃やウイルスなどがヒダとヒダの隙間に溜まり、呼吸とともにマスク外から内側へ口や鼻に吸い込む可能性があるからです。

ひもの接着部分が外側
※②ポイント:耳にかけるゴムヒモに注目しましょう。

※②ポイント:上の画像を参考にしましょう。

・マスクの外側(表面)は、ゴムヒモの接着面がある方です。
ゴムヒモの接着面が顔側にマスクを装着するとマスクと顔の間に隙間をつくってしまいます。
細菌やウイルスなどが侵入しやすくなり、マスクでの予防対策が十分にできません。
(メーカーによって異なりますが、①ポイントが主な裏表としてわかります)

202004g273-5
※③ポイント:マスクの外側(表面)を触らないようにしましょう。

※③ポイント:上の画像を参考にしましょう。

・飛んでくる細菌やウイルスを鼻や口に侵入を防ぐのがマスクの役割の一つです。
飛んできた細菌やウイルスはマスクの外側(表面)に付着します。
“マスク表面”は触れないように飲み物を飲む際は、ゴムヒモを片手で耳から外し持ったまま、もう片手で外しササッと飲んでから外したゴムヒモを耳にかけます。

・マスクの外側(表面)を触らずに外す装着するかがポイントになります。
もし、マスクの外側(表面)を指で触ってしまったら…触った指に細菌やウイルスなどが付着している可能性があります。
触ってしまった指を目や口、鼻などの触れてしまうと細菌やウイルスなどは体内に侵入する可能性があります。

※マスクを着ける前や外す後、マスクの外側(表面)に触れてしまった場合は、すぐに流水と石鹸で手洗いをしましょう。

 

心と身体の相談 1は
心から身体のお悩み・不安・疑問などの相談を承けたまっております。
お気軽にお問い合わせくださいね。

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP