アナフィラキシーショックについて!

アナフィラキシーショックについて!

人は、アレルギー反応を起こすことがあります。

様ざまな原因としてありますが、体外から摂りいれ抗体をつくるためアレルギー反応は少なからずあります。

コロナワクチンによるアレルギー反応は起こっていることも少なからず耳にします。

ワクチンを希望は強制ではなく、あくまでも希望者の位置づけされていることを忘れなく。

・アナフィラキシーでは
アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状 が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応を言います。

・アナフィラキシーショックでは
アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合
人間の体には、細菌やウイルスなど異物が入ってきたときに「抗体」ができることにより、次に異物が入ってきた時に抵抗しようとする「免疫」というシステムがあります。
この免疫の仕組みが過剰に反応し、逆に自身の体を傷つけてしまう症状を起こすことを「アレルギー」と言います。「アナフィラキシーショック」とは、アレルギー反応によって急速に全身性の症状が出て(特に呼吸器症状や血圧低下症状等)、ショック状態に陥っている状況を言います。

・アナフィラキシーの症状とは
症状で多いのは、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」。
次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの「呼吸器の症状」。
目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの「粘膜の症状」が多いです。
そして腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、さらには、血圧低下など「循環器の症状」もみられます。
これらの症状が複数の臓器にわたり全身性に急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴です。

特に、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」も1割程みられ、これはとても危険な状態です。

・アナフィラキシーの原因は食べ物がもっとも多く、続いて蜂などの昆虫、薬物となっています。
食べ物:鶏卵、牛乳、小麦、そば、ピーナッツなどに多くみられます。

・蜂毒:スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の毒液によるアレルギー反応です。

・薬物:原因となる薬物の多くは、ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛剤、抗てんかん薬の頻度が多いです。

・ラテックス(天然ゴム):ゴムノキの樹液に含まれる成分です。
天然ゴム製品に触れてアナフィラキシー反応が起こる場合があります。
医療用手袋やカテーテル、風船、避妊具、ゴム靴、ゴム草履などの日用品に使われている場合もあります。
ラテックス・フルーツ症候群があり、バナナやアボカド、キウイなどにもアレルギーを起こします。

・運動:運動中や運動直後にアナフィラキシーを起こす場合があります。
運動を中止することにより、症状がおさまることが多いといわれています。

・その他:クラゲなどの海洋生物による刺傷(ししょう)、ハムスター、ヘビ、ダニ、アリなどによる咬傷、物理的刺激によるアナフィラキシーもあります。

 

【心と身体の相談】は、心身の癒と健康を主に掲載してます💛

コロナウイルスやワクチンについて、様ざまな情報があります。
くれぐれも惑わされないためにも、コロナウイルスに負けないために皆さんの心身の健康を願っています。
心身の健康の回復・維持・向上に知っておいてほしいことを投稿をしております。
是非、ご活用してくださいね!(^^)!
投稿をご覧になり、良かったらですが〖イイネ〗をポチっとしてもらえると嬉しいです💛

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP