うがいをする効果

うがいをする効果

うがいをする効果

  • 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする
  • のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ
  • ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す
  • 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする
  • セキを抑え、タンを除去します。のどの痛みを抑える
  • 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ
  • かぜの予防効果が実証されている

※消毒液が含まれたものを使用した場合は
●のどや口腔を消毒する
●口腔内を殺菌・消毒し、虫歯を予防する
●さわやかな後味が、口腔内に清涼感を与え、口臭を抑える

 

うがいは、ノドの本来が持つ防御機能を高めるとともに、物理的な洗浄効果があります。
さらにうがい薬を使えば殺菌効果によって口腔やノドをより清潔にします。
うがいする結果として、ノド粘膜の機能が回復して活性化されます。
「口腔」を介する感染の予防や口臭の抑制でき感染予防にもなります。

【心と身体の相談】は
コロナウイルスに負けないために皆さんの心身の健康を願っています
心身の健康の回復・維持・向上に知っておいてほしいことを投稿をしております
是非、ご活用に!(^^)!

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP