気力がないときについて。

気力がないときについて。

気力がないときの心技体値

気力(±◎〇)×技術(+◎〇)×動き(+◎〇)=現在の心技体値。
◎〇は、数字で表し、気力は、精神的要因になります。
気力がマイナスだと技術も動きマイナスになることを表しています。
物事を成すことは、心によって大きく変わります。

気力がない原因

・過度のストレス(相談できない、我慢し続ける)
・偏った食事(栄養不足、ビタミン不足)
・睡眠不足(まとめて睡眠)
・適度な運動不足
・情報過多(スマホなどで寝る直前まで手放さない)
・精神疾患(うつ、気分障害など)‥‥などです。

気力がない時の対処

・ストレス発散(会話や相談、適度な運動)
・朝、昼、夕の食事(栄養やビタミンの整った食事内容)
・自身の睡眠時間を把握し適度な睡眠時間をとる
・睡眠前、約30分前にスマホなどの情報を手放す
・週2~3日の発汗をする運動(ウォーキング、ストレッチ、体操など)
・心療内科、精神カウンセラーに相談、受診をする

心と身体の相談より、ひと言 Σ(・ω・ノ)ノ!
〖自身がリフレッシュを感じる意識をしましょう〗

〖心と身体の相談①〗は
呼吸筋ストレッチ体操のこと心や身体のことや
【心と身体の相談②】は
パワースポット、まが玉相談、レイキ相談、

オラクルカード、コイン易などの
ご相談を親身に伺い解決を導きます。
お気軽にお問い合わせください(人”▽`)

 

☆もし、良ければ『いいね』や〖シェア〗をよろしくお願い致します☆彡

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP