呼吸筋ストレッチ体操について⑥号版 ❝一日のエネルギーと酸素量❞です

呼吸筋ストレッチ体操について⑥号版 ❝一日のエネルギーと酸素量❞です

一日のエネルギー量や酸素量についてですΣ(・ω・ノ)ノ!


必要な酸素量は、肉体労働のない50歳、体重65㎏の男性を例えます。
一日に必要なエネルギー量は、約2100KCalが必要となります。
そのエネルギー量を得るためには
糖質370g≒1500KCalと酸素277ℓ、
脂質65g≒600KCalと酸素130ℓが必要となります。

一分間に取り入れられる酸素量は
成人男性では、一回呼吸をする時の酸素量は約500mlです。
この500mlの内、肺に届けられる空気は約350mlとなります。
なぜ、約150mlの差があるかというと、咽頭や気管などのデット・スペースが存在しているからです。
一分間に15回の呼吸をして、肺に届けられる空気量は5250mlとなります。
大気中には、酸素は21%含まれていますが、吐く息の酸素は16.5%残って大気にもどります。

身体内でエネルギー代謝に使われる酸素は、わずか4.5%となります。
つまり、一分間あたり5250mlの4.5%、236mlの酸素が身体内に取り入れていることになります。

正常な呼吸回数は一分間に
新生児:30~60回/分・6ヵ月:25回~40回/分・3歳:20~30回/分
6歳:18~25回/分・10歳:17~23回/分・成人:12~18回/分
65歳以上:10~30回/分が目安的な数値となります。
呼吸の正常回数は、安静時に無意識の数値が基本となります。
呼吸回数は、身体の活動中・後や心理的(感情)の動揺などによって、呼吸回数が大きく変化が表れてしまいます。

次回は、代謝性呼吸と行動性呼吸についてです😲

〖心と身体の相談〗は
呼吸筋ストレッチ体操のこと
心や身体のことやパワースポット、まが玉相談、レイキ相談、
オラクルカード、コイン易など・・。
ご相談を親身に伺い解決を導きます。
お気軽にお問い合わせください(人”▽`)

次回、呼吸ストレッチ体操⑦号版を、お伝え致しますね。
お待ち下さいね(人”▽`)

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP