マスクについて

マスクについて

マスクは、世界中に販売され様々な種類があります。
さまざまな種類のマスクがありますが今、日本国内はマスクの買い求め多数などで品薄になっています。ただ、マスクが入手・買い求め困難な者が多いなか、高額に販売する方々が居ます。法的にも規制されていますが、まだいます。

皆さんに、マスクが手に入りにくいが高額なマスクの販売は、なくしてほしいと思います。そのためには、高額なマスクは買わない・適正な価格販売品を買う意識で行きましょう。皆さんの協力があって高額なマスク販売をやめさせましょう。

今、新型コロナウイルスやインフルエンザ・風邪などを流行しているため、自身の防御策に買い求め、マスクは約99%の粒子やウイルスをカットでき性能の優れているからです。
ココで、感染経路・着用効果・家庭用マスク・基本的機能・花粉対策用について掲載を致しました。
是非、参考までにお読みください。

ウイルスなどの感染経路は

• 飛沫感染(ウイルスの大きさ:5~3㎛程度)
咳やくしゃみ、会話などの中にウイルスが飛沫し口鼻から侵入をし感染する。
• 接触感染
他者の使ったマスクやウイルスが付着したドアノブ、つり革、食品類などに触れ口鼻から侵入をし感染します。
・空気感染(空気中のウイルスを吸い感染する)
まれに感染する。

マスク着用の効用

・鼻や口から直接、ウイルスや微粒子などを吸い込むことのを減少する。
※鼻と口を覆っていないとマスクをしても、意味合いはないですので注意してください。
・微粒子は、蓄積すると考えられるため、少しでも吸い込む量を少なくする。

家庭用マスクは

天然繊維・化学繊維の繊維物、不織布などを主に材料としている。
口と鼻を覆うため花粉・ホコリ・ウイルスなどが身体内に侵入するのをフィルターとなっています。
インフルエンザや風邪などの咳やクシャミから、飛沫し身体内外に侵入・飛散するのを抑制します。

家庭用マスクの基本的機能として

・保湿・保温機能
・防寒機能

用途別種類として

• 花粉対策用
身体内に吸入する花粉粒子をカットするフィルターをし、息苦しさを軽減。
• 風邪、ウイルス対策用
粒子やウイルスなど、約1.7㎛までの大きさ99%までは、フィルターによりカット効果。

 

☆もし、良ければ『いいね』や〖シェア〗をよろしくお願い致します☆彡

 

Follow me!

by水野 誠一1

高校卒業後に4tトラック運転手から生産管理職などの仕事を経て介護の世界に福祉業界に入りました。 介護職をしながら准看護師・看護師の学校に通い38歳で看護師資格を得ました。 当時の名称では、ホームヘルパー2級の資格をとってから介護職に 5年間、介護職をしながら准看護専門学校に准看護師で働きながら 看護師専門学校にそれぞれステップアップしてきました。 看護師として療養病棟、内科病棟、手術室、救急外来、福祉施設で務め早くも看護師として10年超えましたが、まだまだ勉学していきます。(現在も勤務してます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP