呼吸筋ストレッチ体操で健康維持・向上をしましょう💪

♡ストアカで開催リクエストをお待ちしております♡
掲示板・ご案内版を致してます
👆開催リクエスト👆にて伺い致しております💛
ご希望の日時を予めご連絡をして頂けると幸いです。
呼吸筋ストレッチ体操で健康維持・向上しましょう。

👦呼吸筋ストレッチ体操👦パンフレットの表紙画像です。

呼吸に必要な筋肉をストレッチ(伸展)をさせながら収縮させることで呼吸が楽になる体操です。
呼吸改善・健康増進・健康維持・精神安定を目的としシクソトロピー現象を活用し筋肉を柔らかくします。
呼吸筋を柔らかくし肺機能が改善・息苦しさの改善、ストレスや不安の軽減の効果があります。
いつでもどこでも気軽に行うことができます。
自分のペースで体操を習慣化してください。
健康な方でも肺、胸壁の「老化」を予防します。
特に高齢者の皆さまに、呼吸筋系のリハビリ目的や健康維持・向上のためにも皆さまにお勧めします。
リハビリ以外にも頭痛や首・肩こり、腰痛、自律神経を整えなどにも効果があります。

初めての方は、ラッタッタ体操をお勧め致します👇👇👇

ラッタッタ基本のストレッチ体操

ラッタッタ体操の仕方について


1:息を吸いながら肩を真上に挙げます。

息を吐きながら肩・肘を背中から腰の方に廻しさげます。

 

2:息を吸いながら頭を真横に向きながら
頭の向けた反対側の上肢を下に押下げるようにします。
息を吐きながら頭と上肢を戻ります。(左右に行ってください)

 

3:胸の高さ辺りに両手を組み両肘を伸ばします。
息を吸いながら両手の間に頭を入れるようにし
両膝を少し曲げながら腰の高さを下げます。
(できるだけ丸くなり腰は後ろに出さない)
息を吐きながらもとに姿勢に戻ります。

 

4:頭の上で両手を組みます。
息を吐きながら両手を挙げていきます。(両肘を伸ばします)
息を吸いながら両手を頭の上まで戻します。

 

5:両手を腰の方に廻し組みます。
息を吐きながら両手を背中の方に挙げていきます。(両肘は伸ばした状態です)
息を吸いながら両手を腰の方まで戻します。

呼吸筋ストレッチ体操の3つのポイント


1:呼吸は、ゆっくりと息を鼻からゆっくりと吸い口からゆっくりと吐きます。

 

2:メリハリを大切に筋肉を伸ばし縮める動きにメリハリをつけます。

 

3:無理をしない。
無理に筋肉を伸ばしたり縮め力を入れすぎないように。


呼吸筋ストレッチ体操の効果


1:息苦しさの改善

呼吸筋の収縮⇄伸展は、脳⇄筋肉の情報とマッチをする呼吸筋ストレッチ体操の効果です。
脳⇄筋肉(収縮⇄伸展)の情報がミスマッチすることで息苦しくなります。
呼吸筋を息を吸う筋肉・吐く筋肉と分けられる。
呼吸筋ストレッチ体操により
脳⇄筋肉(収縮⇄伸展)を
マッチするために息苦しさは改善します。

2:肺機能の改善
高齢者やCOPD・呼吸器疾患の多くの皆さんは機能的残気量が多く肺内にとどまっています。
呼吸するときに時に余分な息づかい(努力呼吸)をしなくてはなりません。
呼吸筋ストレッチ体操は、呼吸筋の柔軟と脳⇄筋肉の情報をマッチすることに機能的残気量を減少し肺機能の改善になります。

3:心理的な改善
東日本大震災で被災した小学校や高齢者のディーサービスなどに実践されてます。
呼吸筋ストレッチ体操によって児童や教師の方の不安度が軽減されたと報告されています。
ディサービスでは、肺活量の向上や肺機能の改善に加え心理的な軽減・気分の安定という効果も得られました。
また、体操を行ったスタッフの方々も心理的な効果が認められました。

4 自律神経を整えます
自律神経は、循環器・消化器・呼吸器などの活動を調整するため24時間働き続けている神経です。
身体の活動時や昼間に活発になる交感神経と安静時、夜の睡眠中に活発になる副交感神経があります。
2つのバランスを崩れると「自律神経の乱れ」です。
不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると体の器官にさまざまな不調が現われます。
呼吸筋ストレッチ体操で心身をリラックスでき首や肩、腕など部分的な筋肉を伸ばしたり縮めたりした後に身体の力を抜いてリラックスする。
ストレスがかかると身体や気持ちに力が入ります。
身体の力を抜くことで気持ちもリラックスできる方法、呼吸筋ストレッチ体操を用いります。
心地の良い音楽や好きな香りでアロマテラピーを楽しむことなどに心身のリラックスをすることに自律神経が整えられます。

5:姿勢が良くなり首や肩こり・頭痛・腰痛も改善します。
現代では、猫背なっている方が多いです。
また、携帯やパソコンなどの操作により画面を見やすいようにするため姿勢は悪くなります。
頭痛や首・肩こりなどの症状は筋肉の緊張から血流が悪くなり筋肉が硬くなって起こります。
筋肉が硬くなると姿勢が悪い状態が普段の姿勢・疲れがとりにくくなります。
呼吸筋ストレッチ体操は主に上半身の筋肉を柔らかく血流が良くなり頭痛や首・肩こり、腰痛など症状が改善になります。
習慣して呼吸筋ストレッチ体操を行うと自然と姿勢が良くなってきます。

6:ダイエット効果・生活習慣病の改善にもなります。
近年、生活習慣病が増加に患う方が増加しています。
私も
生活習慣病の指摘され生活指導を受けました。
人は加齢とともに、基礎代謝の低下を起こします。
基礎代謝の低下が起こり以前と同様な日常生活や食事を摂っていると肥満や糖尿病などの生活習慣病にもなります。
そこで、呼吸筋ストレッチ体操を体重50㎏のひとが10分間すると20KCalの消費となります。
雨降りの家中や電車の中、仕事先、外出先、寝る前などにお気軽にできる呼吸筋ストレッチ体操です。
日々の積み重ねが健全なダイエット、生活習慣病の改善につながっていきます。
呼吸筋ストレッチ体操の生活活動は3.5メッツにあたり軽い荷物運びや床磨き、風呂掃除、ゴルフ、トランポリン、軽いウエイトトレーニングになります。
目安的な消費KCalとしては
50㎏:10分間=20kCal、60㎏:10分間=25kCal
70㎏:10分間=30kCal、80㎏:10分間=35kCalとなります。

呼吸する力を高めて深い呼吸を維持するために

【1】胸郭を広げるために背筋を
伸ばして姿勢をよくします。
【2】呼吸筋をやわらかくする
呼吸筋ストレッチ体操を習慣にしてきましょう。
【3】歌や朗読などで大きな声を長く出します。
【4】残気量を減らすために息を吐ききる
トレーニングをしていきます。
鼻から吸って意識的に口をすぼめて吐いたり
吹き矢や吹奏楽器の演奏なども効果的です。
【5】呼吸筋は有酸素運動が有効な筋肉であり
ウオーキングや水泳もおすすめです。

もっと詳しくはこちらをクリックしてね☞ホーム#2-1 シクソートロピー体操 #2-2 呼吸筋ストレッチ体操

〖心と身体の相談〗は
呼吸筋ストレッチ体操をお勧め致しております。
投稿ページでは、呼吸筋ストレッチ体操の特集をしていきます。
是非、ご覧下さいね( ^)o(^ )

呼吸筋ストレッチ体操の指導士により皆様の健康維持・増進、呼吸機能の改善、精神の安定・安心に努めます。

是非、体験をしてみてはどうでしょうか。
一名から数人グループに行っています。

本間先生

❝安らぎ呼吸プロジェクト❞ホームページより
活動報告の掲示をご覧ください。
12月19日 水野が呼吸筋ストレッチ体操の報告もあります。
https://yasuragi-iki.jp/

呼吸筋ストレッチ体操のラッタッタ体操をレクチャの様子です。https://www.facebook.com/yasuragikokyu/
ぜひ、いいね&シェアをお願いいたします。

【第2回認定指導士フォローアップ】研修&懇親会20020
令和2年2月1日 呼吸筋ストレッチ体操・認定指導士フォローアップに参加しました。
呼吸プロジェクトの関わる皆さんと懇親会の写真を掲載です。
さまざまなと取り組みや近状報告など、情報交換をし日々の取り組みを改め・見直す機会にもなりました。

呼吸筋ストレッチ体操のレクチャは
日時・場所・人数などをお問い合わせください。
ご相談をお待ちしております♡

 

 

安らぎ呼吸プロジェクト

https://yasuragi-iki.jp/breath

☆もし、良ければ『いいね』や〖シェア〗をよろしくお願い致します☆彡