自律神経について

自律神経とは


自律神経は、内臓や血管などの働きを
コントロールし、身体内の環境を整える神経。

身体内すべての内臓、全身の血管や
分泌腺を支配しています。

知覚・運動神経と違って、私たちの意思とは
関係なく独立して働いています。
内臓や血管を私たちの意思で自由に
動かす事は出来ません。

例えば、意識しなくても呼吸をしたり
食べたものを消化するため胃を動かしたり
体温を維持するため汗をかいたりする
役割などが自律神経です。

自律神経には、おおまかに交感神経
(起きている時の神経・緊張している時の神経)と
副交感神経
(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)
などがあります。

二つの交感神経・副交感神経は
一つの器官にそれぞれに対して互いに
相反する働きをしています。

交感神経が興奮したとき

(交感神経は日中の活発な動作の源になる神経です)
人は目が覚めると交感神経が活発になります。
身体が様々な活動を行うことができます。
目の瞳孔は開いてより多くの視覚情報が
脳に入るようになります。
(まわりの明るさに関係なく)
眼がよく見えるように涙の分泌が減ります。
活発な活動に応じて全身に血液を送るため
心臓がドキドキとより一層働きます。
血圧も上がります。このように交感神経は
心身を興奮状態に置き、とっさの対応が
必要なときにも備える体制を作ります。
活動中に排尿や排便があってはならないので
膀胱の筋肉はゆるみ尿の貯留量が増えたり
肛門括約筋がより締まって大便が
出ないようにしています。
瞳孔が大きく開き、心臓の鼓動が早くなり
その他の種々の変化が起きますが
大きくしたり早くすることは
自分でコントロールできません。

副交感神経が興奮したとき


(寝ている時の神経リラックスしている時の神経です)
 睡眠中、呼吸は深く遅く心臓は
ゆっくり動きます。
睡眠中、胃は活発に動いています。
腸のくびれる動きは蠕動(ぜんどう)といいます。
これで食物が移動できます。

大きなストレスがかかると・・・

耐えきれない大きなストレスがかかると
原因がわからない痛み、イライラとか
様々な身体の異常が現れます。
自律神経のバランスがくずれたサインです。

睡眠をよくとり、適度な運動したり
気持ちが落ち着く音楽を
聴いたりする方法も良いでしょう。


お困りなときに〖心と身体の相談〗は、親身にお話を聞きます。

 

ご相談者に一番合う
改善・改善方法を導きます。
ご相談を常に承けたまり
ご連絡をお待ちしております_(._.)_

☆もし、良ければ『いいね』や〖シェア〗をよろしくお願い致します☆彡

PAGE TOP